moca.py

tech blog

SQLの苦手を克服する本

だいぶ前ですがこちらを読み終えました。

この本はSQLに対して苦手意識、ついつい面倒と思ってSQLを避けてしまう方が読むべきだろうと思いました。

ポイントとしては以下の通りです。

  • SQLとデータベースの再入門する
  • アプリケーションとデータベースの役割と効率化
  • 間違ったデータベースの設計
  • 開発効率を上げるためには

SQLとデータベースの再入門する
今までなんとなくSQLを書いてきたら実は非常に効率が悪いといった内容が書かれてあります。

具体的には
最初はごくごく初歩的なことでSQLで処理すればいいものを、プログラミングでfor文で回してしまい 何度もSQLを発行したことで処理時間がすごい時間がかかってしまう話とかが書かれています。
これは去年の初期くらいに仕事の現場で指摘を受けたこともあるのですごく心当たりがありました。 こういうのは教わらないとなかなか気づけないなと思いました。

あとは抽出と結合についてやINとEXISTSどう使い分けるかを分かりやすく説明してくれていたり SQLが苦手な場合はエクセルで操作イメージを掴む方法について丁寧に解説されてます。



アプリケーションとデータベースの役割と効率化
アプリケーションとデータベース担当は分けた方がいいなどの話しが記載されており、 なぜほとんどの会社がそうなってないのかは今までのITで黒歴史があるそうです。


あと今までモヤモヤしてたRDBとNoSQLの違い
今までどういった違いかがいまいち分かっていませんでした。
ここでNoSQLの使いどころがようやく分かりました。


間違ったデータベース設計
具体的にはSQLだとループは分かりにくいからアプリでやろうとすると効率が悪くなっていってしまう話が書かれてあります。


よくデータベース周りでよく問題となりそうな感じの内容が豊富に書かれてる内容でした。 この辺りは、何かあったら必要に応じて読み返すのが良さそうな内容でした。

開発効率を上げるためには
例を挙げると

  • 詳細仕様書は書く必要がないことについて
  • ORマッパーの使い所

などが書かれてあり、ここでも実務でやるうえでどこかで助けになりそうな内容でした。



この書籍で書かれている
ついついSQLから逃げてしまうこと で結果的に処理効率が悪くなったりするそうです。 また現場によってJOINの利用禁止!なんてこともあるそうでそれも結果として効率が悪くなるとか。
確かに知らないことがあると面倒に思って避けてしまうことは結構あったりしましたが、今後はきちんと向き合おうと思いました。
ただ本の表紙や内容にも書かれてある通りデータの操作がイメージできれば誰でもできるとのことです。


SQLだと最近オンラインで試せるこんなサービスもでたようです。
正月に購入して反復練習にはちょうどいい教材でした。
gothedistance.hatenadiary.jp

福岡のメイドカフェ

アドベントカレンダー14日目

また遅れてしまいました。


時々福岡に行くので無理やり合間に行ってたメイドカフェの話をします。
とは言ってもまだ天神スタイルだけしか行ってないのでそこの話を


tenjin-style.com

このお店は姉妹店が何店舗かあるらしく
都内でもあるみたいです。

musebar.sweet-suite.main.jp

mooncat-nakasu.maidcafe.main.jp



1回目は閉店ギリギリで駆け込みで行きました。

f:id:c80py:20191215100928j:plain
駆け込みで入店して頼んだケーキと紅茶
うさぎのお絵描きがカワイイ

その時はほぼガラガラだったのもあったのか、お店にいたメイドさんがわざわざ一人一人話かけてくれてました。
あと別日で行った時、メイドさんが途中で退勤や途中休憩をする時にわざわざお知らせして抜けて行きます。
よく考えればすごいメイドさんらしいし、本格的です。

メニュー
結構充実しており
コーヒー豆の種類がいくつかありました。
あとカフェインが駄目な人用でデカフェまで用意されており
普通の飲食店でもまず見かけないので素晴らしいなと思いました。
それ以外も紅茶とか食事もかなり充実しています。




チェキについて
ここではピンかツーショット(メイド同士かご主人様、お嬢様)までで
3ショット以上はできないのでご注意
いしがみさんがよくやるメイドさんと全員チェキとかできません


とにかく接客面は結構教育されてるようでした。


正直都内でもそんなにいろんな店舗に行ってるわけではないので
今度行くときに余裕があれば天神スタイル以外も行こうかな

メイドカフェノマド会が定期でやってる自習室

うっかり昨日当番だったのですが忙しさのあまりにすっぽかしをしてしまいました。
すいません。

今回はノマド会が定期でやってる自習室について書きます。

メイドさんがいる定時後のIT自習室 って何?
仕事が終わった後、プログラミング、ブログ作成等IT系の勉強やノマド作業をしたい人のために
メイドカフェノマド会をやってるいしがみさんが、メイドさんにお給仕をして欲しいというのと
教えるのが好きらしく去年くらいから始めています。

始めた初期は数名程度だったのですが、最近かなり参加者も増えて満席になることも時々有ります。




参加者層

  • だいたいエンジニア
  • 非エンジニアの方 結構プログラミング初心者の方らしき人もよく見かけるのでおそらく(確認してないので不明)
  • エンジニア以外だと執筆などされてる方とか



いしがみさんが答えてる質問は以下の内容
https://maid-cafe-nomad.connpass.com/event/158131/

maid-cafe-nomad.connpass.com


それ以外だと

  • postgresのコマンド方法
  • javaの文法について不明点
  • gradleとmavenのそれぞれの役割
  • 機械学習での実務で扱う時の不明点
  • 明らかにやったことなさそうなReactNativeの質問→普通に答えていました。

いしがみさんへの質問率
日によって質問がなく、もくもく作業してる時もありますが
多い時はかなり頻繁に質問が来て答えてる気がします。
その流れで結構ワイワイしてる時もあります。

個人の印象ですが、かなり質問することへのハードルも低く
雑談くらいのレベルで聞けるので、質問に慣れてない人でも気軽に相談できると思います。

ここに書いてあるくらいに気軽にやれるのではないかと感じてます。

今年の8月から福岡の会社にフルリモートで仕事するようになって
人との交流がSNSやzoomとかで顔を会わせてやり取りする程度なのもあり
こういったオフラインでかつ社外との人との交流もたまには必要だなぁと感じながら参加してます。


アドベントカレンダーが結構まだ空きがあるので、今度九州のメイドカフェについて軽く書きます。

「プロフェッショナルIPv6」読書会

「プロフェッショナルIPv6」読書会に行ってきました。

 

akiba-tech-reading.connpass.com

 

 

書籍はここから入手できます。

電子書籍だと無料もしくは自由に金額決めて購入もできます。

プロフェッショナルIPv6(紙書籍+電子書籍)www.lambdanote.com

 

 

読書会の流れ

流れとしては簡単に本の概要を抑えるため

 

  • 短時間で下記について簡単に把握
  • 質問内容を同じく短時間で決めて質問内容を探す。
  • 質問の数が少なくなってきたら再度質問を探しての繰り返し

 

内容

小川さんはこの本でこれから移りゆくIPv6 についていろんなサポーターの方の支援によって中立に書かれています。

 この内容を一言で言うとIPv6についてあるべき姿についてかなと思いました。

 

大きく概要を分けると5つくらいになっています。

 

前提知識

最初にいきなりIPv6について入らず

インターネットの概要から丁寧に解説されています。

このあたりは自分みたいにまだきちんと理解できてないので

非常に分かりやすく、読みやすいと思います。

 

 

IPv6プロトコルとその周辺技術

メインとなるIPv6についてかなり長く解説されてます。

プロフェッショナルIPv6なので当然なんですが。

 

 

プログラマにとってのIPv6対応は非常に興味深かったです。

質問でも挙がってたので自分で調べてみました。

あとで読書会成果物として公開される予定です。

 

 

DNSIPv6

  • DNSの基礎とIPv6対応
  • DNSによるデュアルスタック環境と実現と応用 

 

デュアルスタックについて盛り上がっていました。

質問はIPv6アドレスの逆引きについての質問が挙がっていました。

 

 

IPv4/IPv6の共存技術

  • 共存技術の分類
  • トンネル技術
  • IPv4/IPv6変換技術
  • IPv4/IPv6共存技術の運用形態
  • プロキシ方式

ここでは経路爆発、DS-Liteの質問が出ていました。

この辺で質問を調べて回答はしましたが、自分でもよく分からず回答してました。

 

 

 IPv4の枯渇問題について

  • IPv4アドレス在庫枯渇とは
  • IPV4 NAT とCGN
  • STUN

これはエンジニアを始める前職にてよく関わりがあったので一番印象が強いです。

ここでは将来的にIPv4はこのまま将来として足らなくなることは前から言われていることについて書かれてあります。

それにあたりIPv6に移行になるけども上手くいかないなどの話が書かれてるようです。

前職の時点で徐々に移行がされていたのですが、今はどこまで進んでるのだろうか?

 

あとここではCGNについて質問がありました。

 

 

 

感想

これだけのボリュームを無料はすごいしありがたいと思う一方

少額しか払わなかったのはちょっと反省です。

IPv6に切り替えはかなり進んでるはずなので、今後開発において

エラーや不具合などでは片隅でもIPv6周辺も考慮していく必要があることは強く感じました。

ボリュームがあるのでなかなか読めなかったりしていたんですが

必要なところくらいは改めて読み直しておきたいのと

もう少し易しめの本でネットワーク周りを知っておこうかと思った。

 

 

メイドカフェノマド会に参加するようになったきっかけ

メイド Advent Calendarの出番が回ってきちゃったので必死に書くことにします。

adventar.org

 

せっかくなので

メイドカフェノマド会に参加するようになったきっかけ

でも書いてみようかと

 

きっかけはとある勉強会の自習室で石上さんが自己紹介にて

メイドカフェノマドをしていることを聞いて参加

 

コミュニティはこちら

maid-cafe-nomad.connpass.com

 

今までメイドカフェ自体に行くことがなかったのもあり

最初に参加して行った時はノリについて行けるかとか勇気が必要だった気がする。

 

緊張してたのは入るまでの間くらいで、入ったらなんてことはなく

メイドさんがいる以外は普通の喫茶店という感じで、非常に落ち着いている雰囲気

 

たぶん世間一般で言われてるような印象とだいぶ違うのかなぁと思いました。

 

 

最初行ったのは橙幻郷

メイド喫茶自体に行ったことない人とかにはちょうどいいかと

tougenkyoumaid.com

電源、Wi-Fiとかもあるので作業には困らないです。

適度にメイドさんから話しかけられつつ、作業に集中したりメリハリ的にはちょうどいいのではないかと思う。

 

いつしか空いてる日はだいたい参加するようになっていて

石上さんの次くらいに参加するようになっていました。

 

あとこのコミュニティの参加者は全体的にメイドカフェによく行かれてる方もいますが

  • メイドカフェにそもそも行ったことない方
  • 女性の参加者も結構多い(しかもそれきっかけ朝会でメイドされる方とかも!)
  • IT以外(執筆とかDTMとかしてる方など)

あと最近エンジニアを目指す独学中の方もよく見かけます。

もともと自分もメイドカフェに参加した頃はまだエンジニアではなく独学しつつ

転職活動中でした。

  

 

去年くらいから自分が提案した朝会とかも始まったり

今書いてるのも朝会で書いている。

maid-cafe-nomad.connpass.com

 

いつもの雰囲気を変えて作業に集中したい方にはオススメです。

 

Advent Calendarにこだわらずまた気が向いたらまた何か書きます。 

 

 

 

 

 

tokyo.ex#9

昨日の日曜日にtokyo.ex#9に参加してきました。

 

beam-lang.connpass.com

 

 

 

会場であるアルコタワーの入り口がどこか分からず少し迷子になった。

 

発表内容

セッションが1本と LTが4本 

 

セッションはこちら

speakerdeck.com

 

pubsubのお話がメイン

途中遅れて来てしまったのもありほとんど話がついていけずでした。

とは言っても間に合ってもほとんどついていけなさそう。。

 

 

 それ以外でセッションの応募がなかったためそのままLTへ

  1. Elixirを始めたばかりでslackのようなチャットツールを作ってみた話 

  2. Elixir のプロジェクトに Pull Request を送った

  3. Elixir周りのアップデートを紹介

  4. マクロ入門
  5. JEA(Japan Elixir Association) からのお知らせ

Elixirを始めたばかりでslackのようなチャットツールを作ってみた話

(正確なタイトル忘れました。)

最初のLTは先ほどのセッションからだいぶ敷居が低くなっていました。

それでも始めたばかりと言ってたけど、slackぽくなっていてかなり完成度が高かった。

 

Elixir のプロジェクトに Pull Request を送った

gist.github.com

José Valimにプルリク出したらマージされたらしい。

しゅごい!

 

 

Elixir周りのアップデートを紹介

  • Phoenix1.4の大きな変更はなし
  • Ectoは破壊的な変更があるなど

 

最後にShimazakiさんからのお知らせ

日本から応募がないらしい。

これはチャンスかも!?

 

Elixir関連の勉強会だとfukuoka.exでリモートで数回参加してたくらい。

やはり現地で集まってワイワイするのが色々刺激を受け易いし、モチベーション的にも良いなと思った。

それとその場で色々情報交換もできるので、また可能な限り都合をつけて参加しよ。

 

 

 

エンジニアの知的生産術

 先日読み終えた書籍があるので簡単にレビューを書いておきます。

 

エンジニアの知的生産術 ──効率的に学び、整理し、アウトプットする (WEB+DB PRESS plusシリーズ)
 

 

 

この書籍の著者はサイボウズラボの西尾泰和さんで

以下のような内容が書かれています。

 

  • どのように知識を身につけてアウトプットするか

  • やる気を出す方法
  • タスクをどのように区切って効率よく進めるか
  • 技術書を読む場合、どのように読んでいくのが効率がいいか
  • アイディアが思いつかない場合


 

  • どのように知識を身につけてアウトプットするか

情報を収集したり比較、抽象などの単語を使って

どのように学んでいくかを解説しています。

エンジニアでよく経験する写経を進める場合の注意点とか

それと書籍を購入する場合もロングセラーになっているものを選ぶなどして

効率よくインプットすることも書かれてあります。

 

 

  • やる気を出す方法 タスクをどのように区切って効率よく進めるか

タスクが大きいまま手をつけようとせず

タスクを小さくして進めればやる気を失わずに進めやすいという説明があります。

途中途中で休憩ポイントがあれば 継続して作業を進めやすいのは心当たりがあります。 

 

  • 技術書を読む場合、どのように読んでいくのが効率がいいか

自分が最初にプログラミングを始めたばかりの頃

技術書読むとつい最初から読んで出来てからでない先に進めないという

変なこだわりがありました。

(もちろんこの書籍を読む前からそんなことはしてないですが)

ここでは技術書を読む場合は必要なとこや、読みたい部分を優先して読み進めるといったことが書かれてあり、よくある速読術みたいなことは書かれていません。

 

 

  • アイディアが思いつかない場合

ここでは先ほど書いたタスクを分解したりフェーズにまとめて解説されてます。

 

 

タイトルからエンジニア向けっぽいタイトルですが別業種の方が読んでも十分に使える

内容になっています。

 

自分も何かタスクをこなそうと思ってもそのタスク自体が重すぎるあまりに思うように作業を進められないことがあったのでその時に出会っていればなぁと思う本でした。